So-net無料ブログ作成

思い出の場所 [アニメ]

なるほど!
ミンメイは光との思い出の場所にいたのか!

「君ほまだ、歌が歌えるじゃないか!」




「ふ、どうかしてたわ!私!」
この間が凄い!


nice!(0)  コメント(0) 

絶対ミンメイ2 [アニメ]

「あの人の間に、何があったか知らないわ!
でもね、私はあなたが好き。」
うーん、サイコー[わーい(嬉しい顔)][右斜め上][右斜め上]

nice!(0)  コメント(0) 

絶対ミンメイ2 [アニメ]

「あの人の間に、何があったか知らないわ!
でもね、私はあなたが好き。」
うーん、サイコー[わーい(嬉しい顔)][右斜め上][右斜め上]

nice!(0)  コメント(0) 

土星のわ [アニメ]

おいおい!
私用でバルキリーつかっちやだめだろー?
「呆れたわ!バルキリーを私用で使うなんて!」

nice!(0)  コメント(0) 

絶対ミンメイ [アニメ]

久しぶりに超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか を観ている。
20才台の時には早瀬がいいと思ったが、今は絶対ミンメイがいい!
早瀬はウザイ!
フォッカーの言うことはもっともだと思う。
あーミンメイと付きあいたい!

nice!(0)  コメント(0) 

絶対ミンメイ [アニメ]

久しぶりに超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか を観ている。
20才台の時には早瀬がいいと思ったが、今は絶対ミンメイがいい!

早瀬はウザイ!

フォッカーの言うことはもっともだと思う。

あーミンメイと付きあいたい!

nice!(0)  コメント(0) 

食堂の出来事1 [愚痴]

今日の昼食で麻婆春雨のSサイズを注文したら、普通サイズの器で中身の量がSで出てきた。
受け取る時に「あれ?」と思ったが、自分の勘違いかもと思い直し、テーブルに。
すると、いつも一緒に食事を食べているやつが、小さな器に盛り付けられた麻婆春雨をお盆に載せているではないか!
うちの会社の食堂では、器の底に何か張り付けられていて、それで料理の値段を読み取っている。

nice!(0)  コメント(0) 

食堂の出来事1 [愚痴]

今日の昼食で麻婆春雨のSサイズを注文したら、普通サイズの器で中身の量がSで出てきた。
受け取る時に「あれ?」と思ったが、自分の勘違いかもと思い直し、テーブルに。

すると、いつも一緒に食事を食べているやつが、小さな器に盛り付けられた麻婆春雨をお盆に載せているではないか!

うちの会社の食堂では、器の底に何か張り付けられていて、それで料理の値段を読み取っている。

nice!(0)  コメント(0) 

フライパンを買い替えました

わが家のフライパンのテフロンコートがだいぶ傷んできて、物がやたらとくっつく様に夏田ので、新しいフライパンに買い替えました。
色々検討した結果、テフロンコート無しのステンレス製でアルミをサンドイッチした3層構造のフライパンにしました。

以前、20㎝のフライパンはこのタイプにしていて調子が良かったので、同じ製品の26㎝タイプを買いました。

実際使ってみると、一般的なアルミのIH対応の製品に比べかなり重い!
男性でも練習しないと上手く振れません!

ですが、テフロンコートが無くても意外とくっつきません!
肉とパスタに使いましたが、前々大丈夫でした。

使った後の汚れも、スポンジで簡単に落ちます。

しっかり余熱さえすれば、何でテフロンコートが必要なのかわからない位材料はくっつきません。

これは永く使えそうな予感がします。

他の人にも是非薦めたい一品です。

nice!(0)  コメント(0) 

『君の名は。』観てきました [映画]

話題の映画、『君の名は。』観てきました。

映画公開からずっと気になってはいたのですが、なかなかきっかけがつかめずにこのまま観ずにいるつもりでした。

ですが先日、新海監督が古舘伊知郎の番組ゲストに出たときに作品にまつわる話をいろいろと聞き、
無性に作品を見たくなってしまい、早速本日(11/12)行ってきました!

実は新海監督の作品を観るのはこれが初めてでした。
評判通りの映像の美しさに加え、綿密な設定やカメラアングル、
心地よい映像の切り替えのタイミング、なによりストーリーに引き込まれました。


又、主人公の一人 瀧がガンダムSEEDのキラ・ヤマトに似ているのも引き込まれた原因の一つ。
ガンダムSEEDはシリーズの中で1番好きで、子供に名前に
男だったらヤマト、女の子だったらアスハとつけようと思っていました。
残念ながら、できたのは男の子一人だけでしたが。

声優のキャストもバッチリキャラに合っていました。
瀧の声の神木隆之介は声優としての演技力も大したものです。

過去を変えて死んだはずの人間が生き返ってくるというのは気に入らないところですが、
終わり方がとても良かったので、許すとしましょう。

帰りに本屋で原作の本を見つけたので買ってきました。
少し読んでみると、文章の構成やせりふが映画のままで、
原作本というよりは映画のシナリオというか、絵コンテを見ている感じで
読んでいると映画のシーンがそのまま蘇ってきます。

映画を観てもう一度見たいと思っている人にはお勧めの本です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画