So-net無料ブログ作成
検索選択

ここまで堕ちたか、SONY [電気製品]

先日電気屋へ行った時のこと、TVコーナーに行くとソニーの新型ブラビアが置いてあった。

その画質があまりにもひどい!!!

色が妙に薄く、くすんだような色だし、輝度も低く正面から観ても画面の四隅が暗く見える。
さらに少しでも斜めから見ると途端に色が変な色に見えてしまう。
調整がおかしいのかと思いきや、リモコンで画質調整モードにすると
画質は「ダイナミック」でピクチャー、バックライトなどは最大になっていた。

隣に旧モデルが置いてあったので設定を比較すると、こちらと同じ設定である。

新旧を比較すると、旧モデルのほうが色のノリが格段に良く、画面も圧倒的に明るい。
多少斜めから見ても新型ほど顕著に色の変化はない(液晶なので全くないわけではない)。

明らかに液晶パネルの質が落ちている!
コストとソニーの売りであった画質を天秤にかけてコストを獲ったようである。

他社と比較しても、これほど画質の悪いモデルは見当たらない!
TVではなく、低価格のPCモニターやノートPCのディスプレイを見ているようだ。

自分の持っているエイサーのノートPCと同じような画質で、
もう1台のI・O DATAのPCモニターはもっときれいである。

平井社長はこの事実を知っているのだろうか?

こんなひどい物に日本の電機メーカーの名前を付けて売らないでほしい。
まして、ソニーのテレビと言えば高くても高画質で音も良いのが売りだったのに
こんなホームセンターで安く売っている、聞いたこともないメーカーの商品のような
画が映って音が聞こえればいいやというものに
SONY』の文字を付けないでほしい!!!!!

これは即刻改修して画面下にある『SONY』の上にテープを貼って隠して欲しい。

ファンからの切なる願いである。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。